Torus(環状体)

31
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

さて、次は、PrimitiveにあるTorus(環状体)についてみていきたいと思います。
これまでと同様の方法でTorusを選択し立体を作ります。

32
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Torusを選択すると、ドーナツ状の立体が出来上がります。この時も、画面中央下に表示が出てきます。今度は、Major RadiusとMinor Radiusを入力するようになっています。
ここは、上面図で見たほうが直観的にわかりやすいでしょう。下図をご確認下さい。

33
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Major Radiusは、赤の矢印で示した寸法で、一方、Minor Radiusは、青の矢印で示した寸法のことを指します。この二つを設定すれば、設定したドーナツ?形状の完成となります。


Rectangle(長方形)

34
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次は、PrimitiveにあるRectangle(長方形)についてみていきたいと思います。
ここからは、これまでと使い方が少し変わってきますが、同様の機能を使いますので、これまでに紹介した機能も役立つでしょう。
これまでは、最初から三次元形状の状態で立体が作成されましたが、ここからは、二次元(平面)で図を描いてから三次元形状におこすというアプローチになります。
三次元モデリングでは、基本は、二次元形状の図を描いてから三次元形状にするというのが一般的なアプローチかと思います。最初から三次元形状でデザインしていくこともできますが、二次元から三次元に展開する方が圧倒的に楽で、設計が簡単です。実際慣れてくると、これまでご紹介した三次元形状はあまり使わないかと思います。
では、Rectangleをみていきましょう。

35
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Rectangleを選択すると、赤線で四角形が出てきます。また同時に画面中央下にも表示が現れ、Length、Widthの大きさを入力することができます。これまでは、三次元だった為、これにHeight(高さ)の欄がありましたが、ここでは、二次元ですので、縦横の長さだけを入力することになります。入力するとその大きさの二次元平面のできあがりです。なお、この場合は、平面ですから、上面図を使うのがいいでしょう。画面右上のアイコンでTopをクリックしましょう。

36
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Length、Widthを入力し、マウスをクリックすると寸法通り平面の四角形ができあがります。

37
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次は、この平面の四角形を立体にする方法です。これまで同様、面を選択します。これまでは既に立体でしたから、面がいくつもありましたが、この場合は、一つです。
面を選択すると、アイコンがたくさん出てきます。一つずつ見ていきますが、まずは、左から四つ目のExtrudeという機能を確認しましょう。

38
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Extrudeを選択すると画面のような表記に切り替わります。あとは、矢印をクリックし(クッリクおしっぱなし状態で)、上下にマウスを動かす(ドラッグする)と平面が立体へと変わります。

39
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、10mm上に平面を押出した形状になります。矢印マークをマウス操作で動かして高さを調整することもできますが、ここでも数値入力で行うことも可能です。マウスで動かす際には、高さがいくらなのか数値が表記されますから参考になります。厳密な小さい数字を入れる際は、マウス操作ではなく。入力する方が調整しやすいでしょう。
さて、この時同時に円盤マークも出てきます。これは、既にみた機能なので、わかるかと思いますが、角度を調整するものです。円盤マークをドラッグしてみてください。

4041
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、それぞれ、円盤のマークを操作して、内側と外側に30度の角度を入れた形です。ご参考までに。
ちなみに、 Extrudeの機能は、既にご説明したPress/Pull機能と同様の機能ですが、 Press/Pull機能では、円盤マークが出てきません。角度をつけたい場合は、Extrude機能を使いましょう。
ここまで来ると分かる通り、最初から三次元形状の立体からデザインする方法と、二次元平面から立体化してデザインをする方法の二通りあり、どちらを使っても同じ形はデザインできます。
但し、複雑な形状になるほど、最初から立体状態でデザインするのは、難しくなると思います。このあたりは、色々デザインしていく内に分かってくるかと思います。


Circle(円)

42
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次は、Circle(円)の機能です。使い方は先ほどまでと同様です。

4344
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Circleを選択してやると、画面のようになり、画面中央下に表示が現れ、Radius(半径)を
入力し、平面図の完成です。あとは先ほど同様、Extrude機能を使って平面を押出してやれば、円柱の完成です。


Ellipse(楕円)

45
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次は、Ellipse(楕円)の機能です。使い方は先ほどまでと同様です。

46
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Ellipseで楕円の平面を出すと画面中央下にMajor AxisとMinor Axisという表示が現れます。これはそれぞれ楕円の中心からの半径値を表しています。楕円の長手方向の半径がMajor Axisで短い方の半径がMinor Axisです。当然ながら、それぞれの値を同じにすると楕円ではなく、円ができあがります。


Polygon(多角形)

47
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Primitivesの最後は、Polygon(多角形)です。これは結構便利な機能で、多角形をデザインするのに使います。

48
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

これまで同様Polygonで多角形を出してみましょう。この時、画面中央下にRadiusとSidesという表記が出てきます。Radiusは多角形の中心から多角形の先端まで(画面参照)です。また、Sidesは何角形にするかを指定することができます。画面は6と入力し、六角形ができています。