基本操作3:Sketch(スケッチ)

49
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Sketch機能ですが、これは、基本的には、Primitiveでご説明した内容と一部を除きほとんど同じ機能です。2次元平面を作図する方法が若干違うだけです。

50
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Sketch機能の左から四つ目まで一緒に見ていきたいと思います。基本的な操作方法は、もうこれまで同様です。

51
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

違う点として、各アイコンを選ぶとまず、青色のマークがでてきます。画面、少し見づらくて恐縮なのですが、赤枠で囲ったところに青色のマークがあるのがわかるかと思います。まず、これで基準となる位置決めを行います。

52
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

あとは、マウスを自由に動かし、サイズを決めて、クリックすれば二次元平面の完成です。他の三つ(Circle、Ellipse、Polygon)も同様です。


Polyline(線分)

53
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

さて、ここからは、今までとは少しだけ違って、自由に線を描き、図形を描くことができる機能です。これまでは、あらかじめ設定された立体や図形の枠を使用して図形や立体を作ってきましたが、ここからは、自由線です。
ここまで読めば気付いてくるかもしれませんが、すべての図形は、基本的には、直線と円(円弧)の組み合わせです。

54
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Polylineを使って線分をつないでみました。線分がつながると二次元の面として認識され、平面になります。


Spine(曲線)

55
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Spineは、自由な曲線を描くの使います。

56
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、Spineを使い、線を繋いだものです。Spineを選択すると青色のマークが現れますから、あとは自由に途中の点でクリックを押し、最終的に最初の点と結べば自由な局線の平面ができあがります。


Two Point Arc(二点での円弧作成)

57
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Two Point Arcは、文字通り、二点を選択し、その二点間を半径として円弧を描く機能です。

58
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面では、赤色の印をしているところを一点目に選択し、その後、青色の印のところを二点目として選択しています。そうすると後はマウス適当に動かして見てください。円弧が描かれ、角度入力欄もでてきます。この機能では、完全に円(360度)を作ることはできません。他の線分と組み合わせて図形を描く際に使いましょう。他の線分と組み合わせて図形を作る際、それぞれの点がきちんと結ばれていないと図形として認識しませんので、ご注意。


Three point Arc(三点での円弧作成)

59
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Three Point Arcは、二点を選択し、その二点間を幅を固定したまま円弧を描く機能です。

60
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面の赤マークが一点目、青マークを二点目に選択しています。ここで、赤マークと青マークの距離が固定されている状態になっています。その状態でマウスを上下に動かすと円弧が現れます。これもTwo Point Arc同様、他の線分との組み合わせて図形化します。
この機能だけでは図形化はできません。


Fillet(面取り)

61
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Fillet機能についてみていきます。

62
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

SketchにあるFillet機能は、二次元平面で使用するものです。あとで、三次元で使用するFilletもでてきます。まず、任意に二次元平面を描き、一つの線分を選択します。その後、マウスカーソルを線分の端の辺りにもってくると赤い円弧状の線がでてきます。

63
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

その状態で左クリックすると、画面のように赤線が消え、矢印マークがでてきます。ここで、矢印マークをクリックし(クリック状態のまま)、マウスを動かす(ドラッグする)と

64
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

円弧が描かれます。この時の円弧のRadius(半径)は、画面中央下に表示され、入力もできるので、細かい値を入れる場合は、入力した方が楽でしょう。

65
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

あとは、適当にクリックして決定すれば、四角形が円弧のついた図形へと変わります。