基本操作3:Sketch(スケッチ) “Trim”

66
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Trim機能ですが、これは不要な線を消す際に使用します。

67
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

適当な図形を描き、Trimを選択し、消したい線を含んだ図形を選択後、消したい線を選択します。カーソルを合わせると赤線がでますから、そのまま選択すると選んだ線が消えます。この機能は、作図していく中で、いらない線がたくさん出てきた時などに使うと図をすっきりさせることができるでしょう。


基本操作3:Sketch(スケッチ) “Extend”

68
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Extend機能は、円弧の線を延長したい時に使います。直線の延長には使いません。

69
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、四角形からFillet機能Trim機能を使い作図したものです。図の右上の線がTrimで削除されているのがわかります。こういった状態の時に、Extend機能を使います。

70
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Extend機能を選択後、円弧になっている部分にカーソルを合わせると赤線の円弧が自動的に現れますので、その状態で決定(クリック)すれば、赤線が実線に変わります。

71
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

決定すると画面のようになり作図が完了します。

72
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

さらに、もう一度、Extend機能を使い、図を選択し、円弧を選択すると、さらに赤線が現れます。どんどん線を延長させることができます。


基本操作3:Sketch(スケッチ) “Offset”

73
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Offset機能は、まず最初に作成した図形(二次元)を基にその図形の大きさを調整するものです。また、この時、元の図形はそのままでもう一個別に図形ができます。

74
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、平面で適当な図形を描きます。その後、offset機能を選択し、図形を選択します。
その後、図形の線をクリックすれば、あとは、上下左右にマウスを動かせば赤の線がでてきます。あとは、クリックして決定すれば完成です。


基本操作3:Sketch(スケッチ) “Project”

75
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Project機能ですが、これは、二つの立体を用意し、片方の立体をもう一方の図形に投影させる機能です。

76
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、任意の二つの図形を用意します。この時、投影したい立体(A)は、投影させる立体(B)よりも小さくします。

77
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、投影したい立体A(画面右側の立体)を回転させ任意の角度をつけます。さらに単純に回転させると立体の一部がグリッド線上の面より下にきてしまいますから、Move機能を使って、立体を少し上にあげてやります。

78
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次に、Project機能を選択し、まず投影させたい立体B(画面左側)の平面を選択します。すると選択された平面が緑色の線で囲まれます。次に投影したい立体(B)の平面を選択します。すると、Aの壁に選択されたBの平面が赤線で投影されます。作図を終わるということで画面中央に出ている緑色のチェックマークを選択し、作図完了となります。

79
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

作図を完了させると、画面のような状態になります。

80
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

あとは、投影され作図された面を選択するとアイコンがずらりとでてきますから、編集していく作業になります。

81
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、投影された面を選択し、Extrude機能を使って押し出した状態です。

82
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

わざわざ、あえてProject機能を使わなくても、Sketch機能の任意の機能を選択し、平面を選択してやると、画面のように、グリッド線がその平面に合わせて描かれますので、その上で図形を描き、Extrude機能を使って平面を押出してやることも可能です。平面に一つだけ図を描きたいときなどは、Project機能をわざわざ使う必要はないかもしれません。ただし、複数の同じ図形を描く必要があるとき、毎回Sketch機能で描くのが煩わしいので、そんなときは、Project機能を使うと便利かと思います。