基本操作4:Construct “Extrude”

83
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

基本操作4に入ります。ここでの機能は、全部で4つです。ただ、既にご説明したExtrudeの機能などは重複しています。

84
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

この機能は、もう改めて説明するまでもないでしょう。図形を作成後、Construct機能のExtrudeを選択し、押出したい面を選択すると矢印がでてきますから、あとは矢印を上へドラッグするだけです。

85
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ちなみにこの機能は、既にある立体の面を選択して、下へドラッグすることで、削除することもできます。削除される場合は、赤透明の立体で表現されます。


基本操作4:Construct “Sweep”

86
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Sweep機能です。これは、さきほどご説明したExtrude機能の拡張版と考えてもいいかもしれません。

87
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

この機能を使うには、まず、平面の図形を描きます。次にその立体を引き延ばすわけですが、さきほどご説明したExtrudeは基本的に直線方向に引き伸ばしましたが、こちらでは、Path(線)を描くことによって、引き延ばす方向を任意に設定できます。

88
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次に、図形を選択し、Move機能を使って図形を移動させます。この時、図形の中心とPathの起点を同じ位置に設定することに注意しましょう。図形とPathが重ならなければこの機能は使えません。

89
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

位置決めをすると画面のようになります。

90
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ここで、Sweep機能を選択すると画面にProfileとPathという表示が現れます。Profileを選択した後、画面では六角形の図形を選択し、その後、Pathの表記を選択した後、任意に描いた線を選択します。

91
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

すると、六角形の図形が描いた線に沿って立体化されます。
また、この時、同時に矢印がでてきますから、それをドラッグするとPathに沿って立体を短くすることができます。

92
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、矢印をドラッグして立体をPathに沿って短くさせているものです。


基本操作4:Construct “Revolve”

93
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Revovle機能は、平面図形を描いた後、回転軸を設定し、立体化を行うものです。

94
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、任意の平面図形を描き、その後、Revolve機能を選択するとProfileとAxisの表示が現れます。ここで、Profileを選択後、図形を選択します。次に、この図形を回転させる際の軸(Axis)となる線を選択します。

95
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ここでは、回転軸を図形の一番下の線を選びます。カーソルを合わせると画面のように青透明の線が出てきますので、選択します。

96
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

そうすると、画面のようになり、円盤のマークと角度を入力する欄が現れます。直接円盤マークを操作してもいいですし、角度を入力してもいいです。

97
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、角度を360度で入力したものです。立体ができあがりました。この立体は、元の平面図形を回転軸を中心に360度回転させた時にできる軌跡を立体化したものになります。

9899
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

視点を変えて見た時の立体になります。