基本操作5:Modify “Fillet”

117
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Fillet機能ですが、このModify機能におけるFilletは、すでにご紹介したSketchのFilletと同様のことを立体に対して行えます。SketchのFilletは二次元平面に対して、ModifyのFilletは三次元立体に対して使用します。

118
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず任意の立体を作ります。次に、ModifyのFillet機能を選択後、Fillet機能の対象とする線を選択します。選択すると、画面のように青線と矢印マークがでてきます。

119
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

あとは、矢印マークをドラッグすれば面が丸くなります。ここでも、画面中央下に表示されるFillet Radiusに数字入力することで操作を行うこともできます。


基本操作5:Modify “Chamfer”

120
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Chamferは、操作としてはさきほどのFilletと同じです。面が円弧状か直線状かの違いだけです。

121
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

さきほどのFilletのように円弧状ではなく、面状に角をとることができます。また、画面中央下にDistance(距離)という表記が現れ、数字入力でも操作できます。

122
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

このDistanceというのがどこの距離をとっているのかということですが、画面上の赤矢印部分の距離になっているようです。


基本操作5:Modify “Split Solid”

123
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Split Solidの操作は、Split Faceで行った操作と同じです。

124
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

任意の立体を作成し、Polylineなどで線を引きます。

125
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次に、Split Solidを選択すると画面にBody to SplitとSplitting Entityという表記が現れます。そこで、Body to Splitを選択し、立体を選択します。次に、Splitting Entityを選択し、作成した線を選択します。

126
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

そうすると、画面のような状態になりますので適当にクリックして完了します。

127
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

これで、立体が分割された状態になっています。立体を選択すると、上下に二つの立体になっていることがわかります。これで、それぞれ別々に動かすことができます。


基本操作6:Pattern “Rectangular Pattern”

128
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Pattern機能は、全部で四つありますが、操作としてはどれも似たようなもんです。任意の立体を、設定した軸に合わせてコピーする機能です。
まずは、Rectangle Patternから見ていきましょう。

129
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、コピーしたい(複数作りたい)任意の立体を作成します。Rectangle Patternでは、一方向に立体がコピーされますので、コピーしたい方向に軸を置きます。軸を置くために任意の立体を作ります。ここでは、円柱がコピーしたい立体で、四角柱が軸を利用する為に作った立体です。

130
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次にRectangle Patternを選択すると画面にSolid/sとDirection/sという表記が出てきます。まず、Solid/sを選択し、円柱を選択します。次にDirection/sを選択し、軸を選択します。
ここでは、画面の円柱に黒線が出ていますが、これを軸としています。

131
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

選択が終わると画面のような表示に切り替わります。円柱には、矢印が上方向と横方向にでているのがわかります。また同時に画面中央に数字の入力欄もでてきます。

132
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ここで、横方向に矢印をドラッグすると、立体のコピーができます。ここでは、円柱が三つできていますが、ここは、Directionsの表示のところで、数字を入力するとその数だけコピーができます。

133
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

さらに、上方向に矢印をドラッグすれば、上方向にもコピーできます。


基本操作6:Pattern “Circular Pattern”

134
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Circular Patternsも操作としては同じです。今度は、任意の立体を軸を中心に円周上にコピーすることができます。

135
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ここではハート(ハートは、Polyline、Fillet、Trimを使って作成)を作成後、Move機能を使って立体を縦に起こしています。さらに軸となる線を使う為に、中央に四角柱を作成しています。ここからは、Rectangular Patternと同じ操作です。

136
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

画面は、ハートを7個作成し、中央の軸として使用した四角柱を削除したものになります。


基本操作6:Pattern “Path Pattern”

137
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Path Patternも操作としては同様ですが、軸とする線に、任意の線を使用できます。

138
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

ここでは円柱を作成後、Polylineで任意にPath(線)を作成しました。後は、同じ操作です。

139
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

この時、コピーの数を入力する欄がすぐに見当たりませんが、画面中央右の方に両端矢印のマークがありますので、ここをクリックすれば、入力欄に数字を入力することができます。


基本操作6:Pattern “Mirror”

140
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

Mirror機能ですが、立体をコピーする機能です。

141
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

まず、任意の立体と軸とする線を描きます。 この時の軸は立体である必要はなく、Path(線分)で大丈夫です(画面上の白い線)。

142
©2013 Autodesk, Inc. All rights reserved – reproduced with permission of Autodesk, Inc.

次に、Mirror機能を選択し、立体し、Mirror Planeは軸となる線を選択します。すると画面のように左にある立体が軸を中心に右側へコピーされます。