Fusion360 日本語サポートサイトを活用しよう!!

12月 20th, 2015

ようやく日本語に対応したFusion360ですが、機能が多いことに加え、まだまだ情報も少なく、操作方法がわからない、なんてことも、まだまだあるかと思います。

特に、既にCAD/CAMを別のソフトウェアで使用されている場合、ソフトを乗り換えるのは、少々厄介です。使い慣れたソフトウェアを使い続けたいものですし、乗り換えにあたり、使い方を覚えるだけでも、時間と労力がかかります。忙しい日々の中で時間を作るのは、大きな障壁になるかと思います。
筆者も仕事柄、色んなCAD/CAMを使うのですが、新しいソフトウェアを使い始めるのは、確かに面倒ですし、時間もかかるので、この気持ちはよく分かります。

一方、現状、Fusion360は、個人向けや年間利益が1千万円以下の企業は、無料で使うことができ、この水準の有償のソフトウェア(将来的には同時五軸までの対応を考慮すると)を購入するとなると数百万するケースが多いかと思います。ソフトウェア単体の価値で考えると破格の対応をしてくれているということになろうかと思います。

ソフトウェアのスイッチングコストが大きいか、ソフトウェア購入費用がそれを上回るかというところで、天秤にかけ、導入を検討することになろうかと思います。

さて、今日は、Fusion360に興味はあるけど、使い方やソフトウェアの具体的な中身がよく分からいという方向けの情報になります。

これまで、Fusion360は、英語版でのみサポートサイトが提供されていたのですが、最近、Fusion360の日本語サポートサイトがオープンしたようです。

図1

サポートサイトURLは、以下の通りです。
URL: http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

まだ、完全に日本語のみという形にはなっていないものの、随分日本語化が進んでおり、サポートが充実してきているように思えます。

見ていくと、色々と情報が記載されていますが、今日は、この中で一点紹介しておきます。
サイトトップページにある「コミュニティ」にあるドロップダウンリストに「フォーラム」というのがあります(画像下の赤枠部分)。

図2

「フォーラム」を選択すると、画像下の画面になります。ここでは、Fusion360について不明なこと、教えてほしいことを投稿すると、管理者あるいは他のユーザから回答が得られます。まだ始まって間もない為、投稿自体は、それほど多くないですが、これからユーザの増加に伴い充実したフォーラムサイトになるだろうと期待しています。
もし、Fusion360を検討してみようという方は、使ってみるとよいかと思います。

図3

当サイトでも、今後もFusion360については、追加調査を行い、情報をアップしていきたいと思います。


column